Less is more. 〜その先にある心地いい暮らし〜

より少ないことはより豊かで心地いい暮らしにつながる

「整理」「整頓」「収納」「片付け」の意味、違いって知ってます?

こんにちは!つっしーです!

 

「『整理』と『整頓』の意味、違いを知っている人はいますか?」

とある片付けセミナーに参加したとき、講師に質問されハッとしました。

 

f:id:muji-yuko:20180827221447j:plain

 

 

だって「整理整頓」「整理収納」って言葉、私は意味もよく考えず四字熟語のように使っていたからです。(;^ω^)

 

整理収納アドバイザーの講座では、こんな言葉の意味についても学べます。

それぞれの言葉の意味の違いを知ることは整理収納を進めるうえで、実はとても大切なことなんです。

片付けの時間も大幅に短縮されるようになります。

なのでみなさんにもご紹介したいと思います。

 

 

 

 

つまでたってもスッキリしない

 

片付けを何度しても片付かない。

いつまでたってもスッキリしない。

f:id:muji-yuko:20180827224927j:plain

 

その理由はただひとつ!!

 

「片付けよう」とするからなんです!

 

 

えっΣ(・ω・;|||

って思いますよね…

私もはじめはそう思いました。

 

でもそれぞれの意味を知るとその理由がわかります。

 

 

 

理」「整頓」「収納」「片付け」の意味

 

「整理」

必要と不要なモノを区別して、不要なモノを手放すこと。

 

「整頓」

見た目を整え配置すること。

 

「収納」

必要なモノを取り出しやすく、使うときのことを考え、使いやすいように収めること。

 

「片付け」

使ったモノを定位置に戻すこと。

 

 

う、片付かないのは「整理」をしてないからです!

 

f:id:muji-yuko:20180827231542j:plain


以前の私の片付けをするタイミングはこんなときでした。

・お客さまがくる

・散らかってきたなと感じたとき

・年末だし大掃除するから片付けよう…

などなど

 

そしてその場の思いつきでやる片付けだったので、右にあるものを左に移動させてみたいな感じでした。だから気づけば、もと通りの散らかった部屋へ。

 

「整理」をしなければ、一時的に片付いたように思われますがすぐにリバウンドします。

反対に一度がっつり「整理」をしたら家事が楽になり、心地いい空間を手に入れることができます。

 

スッキリとした空間を手に入れるためのステップは

「整理」→「整頓」→「収納」→「片付け」です。

 

それぞれのやり方についてはまたご紹介したいと思います。